病院・調剤薬局

薬剤師と聞けば、まず思い浮かべるのが病院や調剤薬局だと思います。これらの就業場所は、いわば薬剤師の花形と言っても良いです。病院に行ったことがある方であればわかると思いますが、薬は薬剤師が調節して提供しています。つまり薬剤師になれば、薬を提供できる側になれるということです。病院で働けば、患者の方と直接やりとりできるので、やりがいも大きな仕事となります。

調剤薬局の場合も、薬を調剤して提供するのが仕事となります。薬の知識がある人しか提供できない薬もあるので、そういった場所で働くことも可能なのです。場合によっては患者の方や薬を求めてきた方に質問されることがあります。薬の効果や副作用、どのような症状に効果があるのかなど、常に頭に入れておかなくてはなりません。
そういった状況にも対応できるようにしておきましょう。

また、チェーン店などのドラッグストアで働く薬剤師もいます。ドラッグストアは薬剤師の資格がなくても販売できるものもありますが、薬の内容によっては、薬剤師が必要となることもあります。調剤したり、配合したりという仕事はドラッグストアにはありませんが、薬を求めている人の対応なども必要になります。接客が好きと言う方は、こういった職場もあるので、視野に入れておきましょう。