製薬会社・研究機関

薬剤師は病院や薬局ばかりで働くわけではありません。他にも就業場所はあります。簡単に説明すると、製薬会社や研究機関での就業が主な道となります。病院や薬局での仕事以外で働きたいという方は、こちらの道も検討してみてください。ただ、製薬会社などはすでに薬剤師を確保している場合も多いですし、研究機関も人手が足りていることが多いです。

病院や薬局と比べて、そこまで人材を必要としていないという場合もあるので、就業するのは狭き門になることもあります。その点も視野に入れて、就職活動をすることが必要です。製薬会社での仕事は、基本的に新薬の開発などがメインとなります。その製薬会社が提供しようとしている薬を調合したり、配合したりして、新しい薬を作ることなども仕事になる可能性があります。

研究機関でも新薬の開発や効果のテスト、実験などを行う事となります。仕事内容は基本的には薬剤師という大まかな括りに入っているので、他の就業場所との仕事とリンクする面もあります。それらを考えた上で、自分がどのような就業場所で働きたいのか検討してみましょう。いずれにせよ、薬剤師としての職につく場合は、東京薬科大学や都築学園グループの第一薬科大学などの6年制薬学部の卒業が必須となります。

 

 

病院・調剤薬局

薬剤師と聞けば、まず思い浮かべるのが病院や調剤薬局だと思います。これらの就業場所は、いわば薬剤師の花形と言っても良いです。病院に行ったことがある方であればわかると思いますが、薬は薬剤師が調節して提供しています。つまり薬剤師になれば、薬を提供できる側になれるということです。病院で働けば、患者の方と直接やりとりできるので、やりがいも大きな仕事となります。

調剤薬局の場合も、薬を調剤して提供するのが仕事となります。薬の知識がある人しか提供できない薬もあるので、そういった場所で働くことも可能なのです。場合によっては患者の方や薬を求めてきた方に質問されることがあります。薬の効果や副作用、どのような症状に効果があるのかなど、常に頭に入れておかなくてはなりません。
そういった状況にも対応できるようにしておきましょう。

また、チェーン店などのドラッグストアで働く薬剤師もいます。ドラッグストアは薬剤師の資格がなくても販売できるものもありますが、薬の内容によっては、薬剤師が必要となることもあります。調剤したり、配合したりという仕事はドラッグストアにはありませんが、薬を求めている人の対応なども必要になります。接客が好きと言う方は、こういった職場もあるので、視野に入れておきましょう。

薬剤師の就業場所

薬剤師になりたいと考えている方は、「どのようなところで働けるのだろうか」と考えている方も多いのではないでしょうか。それぞれの仕事は、それぞれの職場があり、そこで活躍することとなります。ただ、薬剤師の場合は、それ単体で仕事をするというよりは、病院に所属したり、ドラッグストアに所属したりすることで、就業場所を確保するという事が一般的となっています。他にも製薬会社や研究機関へ入ることなどもできます。

例えば、コックという職業の方がいたとして、そういった方はレストランやホテル、小さな飲食店、ファミレスなど、さまざまな就業場所があります。薬剤師も同じように、職場が色々とあるので、自分がどこで働きたいのかということについても、しっかり考えておくことが必要です。薬剤師なのにまったく関係の無い仕事をするという事はないですが、場合によっては「思っていた仕事と違った」という状況になってしまうこともあります。

そういった状況を避けるために、このサイトでは薬剤師がどのような就業場所で働けるのかについて紹介します。
これから進路を決めようと思っている薬学部の生徒や、将来的に薬剤師になりたい方は参考にしてください。道の選び方は、一度間違うと変更が難しい場合もあります。一度しっかりと考えて、自分が活躍できそうな職場を検討しておくというのも必要です。そのためには就業場所の事を知り、自分の適性を知ることが必要となってきます。