薬剤師の就業場所

薬剤師になりたいと考えている方は、「どのようなところで働けるのだろうか」と考えている方も多いのではないでしょうか。それぞれの仕事は、それぞれの職場があり、そこで活躍することとなります。ただ、薬剤師の場合は、それ単体で仕事をするというよりは、病院に所属したり、ドラッグストアに所属したりすることで、就業場所を確保するという事が一般的となっています。他にも製薬会社や研究機関へ入ることなどもできます。

例えば、コックという職業の方がいたとして、そういった方はレストランやホテル、小さな飲食店、ファミレスなど、さまざまな就業場所があります。薬剤師も同じように、職場が色々とあるので、自分がどこで働きたいのかということについても、しっかり考えておくことが必要です。薬剤師なのにまったく関係の無い仕事をするという事はないですが、場合によっては「思っていた仕事と違った」という状況になってしまうこともあります。

そういった状況を避けるために、このサイトでは薬剤師がどのような就業場所で働けるのかについて紹介します。
これから進路を決めようと思っている薬学部の生徒や、将来的に薬剤師になりたい方は参考にしてください。道の選び方は、一度間違うと変更が難しい場合もあります。一度しっかりと考えて、自分が活躍できそうな職場を検討しておくというのも必要です。そのためには就業場所の事を知り、自分の適性を知ることが必要となってきます。