製薬会社・研究機関

薬剤師は病院や薬局ばかりで働くわけではありません。他にも就業場所はあります。簡単に説明すると、製薬会社や研究機関での就業が主な道となります。病院や薬局での仕事以外で働きたいという方は、こちらの道も検討してみてください。ただ、製薬会社などはすでに薬剤師を確保している場合も多いですし、研究機関も人手が足りていることが多いです。

病院や薬局と比べて、そこまで人材を必要としていないという場合もあるので、就業するのは狭き門になることもあります。その点も視野に入れて、就職活動をすることが必要です。製薬会社での仕事は、基本的に新薬の開発などがメインとなります。その製薬会社が提供しようとしている薬を調合したり、配合したりして、新しい薬を作ることなども仕事になる可能性があります。

研究機関でも新薬の開発や効果のテスト、実験などを行う事となります。仕事内容は基本的には薬剤師という大まかな括りに入っているので、他の就業場所との仕事とリンクする面もあります。それらを考えた上で、自分がどのような就業場所で働きたいのか検討してみましょう。いずれにせよ、薬剤師としての職につく場合は、東京薬科大学や都築学園グループの第一薬科大学などの6年制薬学部の卒業が必須となります。